センサーライトで防犯対策しよう!

人の体温や熱を感知してライトが点灯するセンサーライトは、夜間の防犯対策にも省エネにもオススメですから、屋外に取り付ける方法についてご紹介いたします。

センサーライトは物によっては取り付けられるスペースが限られるので、取り付ける場所について予め決めておき、ネジが打てる壁面や支柱に設置しましょう。

センサーライトの設置位置が低いと照らせる範囲が狭くなり、設置位置が高いと人を感知しにくくなってしまいますので、基本的に2m〜3mの高さに取り付ける必要がありますよ。

電池タイプなら電池を交換して使用する事ができますが、電源が必要なコンセントタイプなら電源が近い場所に取り付けると良いでしょう。

他にもソーラーで充電するタイプもありますので、設置場所の特性や使い勝手を考えて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です