津波から身を守る防災対策!

地震が発生して津波から身を守るためには、どんな防災対策を行う必要があるのでしょうか?

津波から身を守るためには高台に避難しようと考える人も多いかもしれませんが、海抜が低い地域なら高台に避難しても意味がないと言われていますので、海抜が高い地域や自走式の立体駐車場に避難すると良いのだそうです。

自走式の立体駐車場は鉄骨構造で強度が高く、地震に強いだけでなく、大人数が避難しやすい建物ですし、実際の震災時にも一時的な避難場所として使われたのだそうです。

また、支援物資が運びやすく届きやすい場所だとも言われていますよ。

高いビルなどの建物があったとしても、その建物がどれほどの災害に耐えられるかは見た目だけでは分かりませんのでぜひ覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です